ちょっとまとめてみました。

一級建築士の試験で、この辺りはぜひ覚えて欲しいところです。

・ルート1 許容応力度計算 目算500に他人は200

・一定規模建築物 ルート2、ルート3、限界耐力計算 トミカ級の木鉄・私鉄・JR 差異を超えたら保有かげんかい

・60は一分間の時刻歴応答

広告