わをもってとうとしとなす

聖徳太子の十七条の憲法に出てくる有名な言葉
今の国会に聖徳太子にお出ましいただかなければならない。
いさかいをおこさずにただ仲良くやりなさいという意味ではない。
和とは、和して同ぜずというように、議論をつくして協調を探り、単に同調することではない。
違う意見を排除することではなく、議論をつくすことが大事だという意味につながる。

愛知県の大村知事が、議論がつくされていないので現場では使えないと発言した。
本当に必要なものであればとことん議論してより多くの人が納得できるものにしなくてはならないはずだ。

建築の構築過程に置き換えてみると、同調圧力でつくられた偽りの和は、ほころびも多く何より喜よりも怨嗟に満ちている。議論を尽くした協調は、途中の衝突や軋轢があったとしても結果としての和は、喜びや信頼に満ちている。

和を以て貴しとなす
同調を強要するのではなく、協調のための努力を惜しまないこと
気をつけなければ…….

広告